blanktotoploadingline1logo1
選ばれる理由

選ばれる理由

クシダの監視制御システムが選ばれる理由とは?

自社開発システム
「BB-MACS」・「IDI-System」

01

中央監視制御システム「BB-MACS」

当社は、電気設備工事の発展技術として、電気計装技術、盤技術、エレクトロニクス技術を融合した中央監視制御システムの設計・開発・施工技術を蓄積しています。当社はこれをベースにパッケージ化した中央監視制御システム「BB-MACS」を自社開発しており、水道施設をはじめ大規模プラントへの導入に実績をあげています。

02

遠隔監視制御システム「IDI-System」

「BB-MACS」での技術に通信技術を加えて開発したのが、導入が容易なコンパクトな遠隔監視制御システム「IDI-System」です。広範囲に点在する水道施設・設備の点検は職員にとって大きな負担でしたが、IDI-Systemは、各施設に設置した子局か設備の稼働情報を集め、浄水場事務所等にある親局パソコンが情報を集約し制御も行うことでこの負担を大幅に軽減できます。インターネット(VPN)とWebを使うシステムなので、各設備の情報は親局パソコンのほかスマートフォンからも見ることができます。

03

配電盤・監視制御盤メーカーだからできる高精度システム

設備工事と配電盤・監視制御盤メーカーという2つの顔を融合して生まれたのが、クシダ工業の監視制御システムです。現場を熟知した設備工事の強みと高度な技術から生まれる制御盤の強みを生かして、利用者が使い易く、低コストで運用可能で、かつ制御まで行える高度なシステムを提供しています。特に、監視制御盤については筐体部分から製造しているため、システム化を前提とした盤製造を行うことで省スペース化も実現しています。