arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

これからクシダ工業は、
女性エンジニアの採用に
積極的に取り組みます。

女性技術者への思い

人事部 部長 串田 伸介

盤の設計?電気設備の設計?設備の施工管理?・・・耳慣れない仕事かもしれませんが、クシダ工業ではこうした分野で女性エンジニアを育て、力を発揮してもらおうと考えています。インフラに関わり地域に貢献でき、形に残るものをつくる仕事だから、女性にもっと活躍してほしいのです。

01女性エンジニアへの思い

女性エンジニアの採用・育成を宣言します

私たちクシダ工業は、女性エンジニアの採用・育成を積極的に進めることを宣言します。

クシダ工業の事業は、設備工事、盤の設計・製造、監視・制御システムという展開をしています。どの事業の仕事も“現場”があるために、男性の職場というイメージが強く、実際に当社の女性社員比率は10%程度しかありませんでした。

私たちはいま、クシダ工業の将来のために、この状況を変えたいと強く望んでいます。クシダ工業が展開する事業は、決して男性だけが活躍できる場ではなく、男性女性の別なく能力を発揮できやりがいを見つけられる場だと思っています。

02女性の活躍の場

女性が力を発揮するチャンスが多くあります

もちろん現在も、管理部門以外でも設計部門、生産管理の部署では少数ながら活躍している女性がいます。昨年も、新卒入社の女性社員が設計部門でエンジニアとしてスタートを切りました。今後の活躍が大いに楽しみです。

クシダ工業の事業の基盤にあるのは、電気・空気・水を送り届ける“設備”のエンジニアリングです。そこにある仕事は生活と産業のインフラに関わるもので、もっともっと女性が進出していい仕事だと思います。設計でも、施工管理でも、営業でも、女性が力を発揮できるチャンスが多くあるはずなのです。

03女性にとって働きやすい職場環境を

働きやすい環境の整備に力を入れます

クシダ工業では、女性社員、女性エンジニアを積極的に採用・育成するに当たって、職場環境の整備にも力を入れ、女性の活躍をバックアップしていきたいと考えています。2015年には八幡製作所に新工場をつくり、盤の設計・製造環境が一新されました。産休・育休取得の制度化と復職支援により、女性が長く働ける体制づくりにも力を入れています。

女性エンジニアの採用では、電気や機械を専攻していないとダメということはありません。“設備”という分野に興味を持ち、やってみたいという意欲があれば歓迎します。ぜひ話を聞きに来てください。