arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

営業の頼りになる
積算技術者を目指して

五十畑 洋輔

エンジニアリング本部 営業技術担当
2008年入社 理学部卒

積算

PROFILE

地域に貢献できるインフラに関わる仕事をしたいと思っていた。父が市役所勤務でクシダ工業のことを知っていたことがきっかけで会社見学会に参加。自社工場を持っている強みがある会社だと知って応募した。

01入社動機と現在の仕事

入社してから未経験の設計にチャレンジ

大学では設計とは無縁な数学科だったのですが、配属では設計を希望しました。本社のエンジニアリング本部の設計は、施設や建物の電気設備などの設計なのでイメージしやすかったからです。実際の配属では工場(八幡製作所)の設計グループで、配電盤等の設計担当のため、かなり専門的な設計でしたが、先輩たちに教えてもらいながら2年後には制御盤、分電盤の設計を任せてもらえるようになりました。

思い出に残っているのは、2011年の大震災の後、被災した大手製鉄会社の工場の復旧プロジェクトで、当社が一区画で盤製造を担当したことです。営業担当が駐在し、私と上司が現地工場を調査して設計に当たりました。初めて経験する規格の盤で苦労もありましたが、復興に協力できた大変やりがいのある仕事でした。

02仕事内容と今後の目標

営業を技術的にサポートする積算の仕事

その後担当が設計から積算に変わり、2015年の太田支店開設と同時に地元栃木に程近いこちらの営業技術課に異動しました。業務は積算を中心とした営業担当者の技術サポートです。積算というのは設計図を基にした見積もり業務のことで、お客様が計画している配電盤や制御盤を当社が製造すればいくらになるか、大量の部品や加工のコストを積み上げて計算します。この積算データをもとに営業担当が見積書を作成するのです。

設計内容についてお客様と直接話し合ったり、社内の設計技術者や工務担当と打ち合わせることも多く、思った以上に幅広い仕事です。自分が積算した案件が受注になった時はうれしいですね。受注は営業担当の努力の成果ですが、算出した積算額が適切であることも大事な要素だと感じています。営業の頼りになる積算担当でありたいと思います。

03職場の環境・雰囲気

すべてのセクションが集まった支店の魅力

早く正確に積算することを目指していますが、知っておくべき既存の技術は幅広くあり、さらに日々進歩して新しい技術が出てきます。新しい技術情報もどんどん吸収して、ニーズに応える提案のある積算担当になっていきたいと思います。

太田支店には私のほかに設備工事に関わる設計技術者がいます。同じ設計分野の仲間として仲良くやっています。支店全体でみても、本社ではフロアが違うセクションの担当達がここでは同じオフィスに集まっていて、同じチームとして動いている一体感があります。

MESSAGE

慣れないスーツを着て、説明会、見学、面接と疲れることも多いと思いますが、
学生生活の締めくくりの大切な時期だと思います。
いろんな会社を見て世界を広げて、妥協せずに内定を勝ち取ってください。

PRIVATE

4歳になる幼稚園生の男子の双子がいます。休みの日はお母さんの休息日にして、僕が子供を連れだして遊びに行きます。動物園と遊園地が好きで、宇都宮動物園や那須どうぶつ王国、前橋のるなぱあくによく行きます。るなぱあくは乗り物が安くて、4歳からは1人で乗れるので子供たちは大喜びですね。