arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

1年目から
現場代理人を任されている

山本 泰輝

エンジニアリング本部 施工管理担当
2015年入社 理工学部卒

施工管理

PROFILE

大学で学んだ土木系の知識を活かせる就職先を探していた。
生まれてからずっと高崎に住んでいて、地元に貢献できる仕事がしたいと思い、自宅から近いこともあってクシダ工業を選んだ。

01入社動機と現在の仕事

現場の施工管理を任される仕事

入社前は電気系の人が多い電気工事の会社だと思っていましたが、入社してみると水道設備工事が多いほか建物や公共施設の設備工事も多く、幅広い事業展開に驚きました。

現在の仕事は施工管理で、会社が受注した工事を計画通りに完成させる仕事です。現地調査、協力会社(職人さんたち)の手配、重機の選定、官庁との打ち合わせ、材料の手配をして工事が始まります。円滑、安全に工事が進むよう常に先を考えながら現場をまとめます。施工計画書、実行予算書、工事完成図などの作成や役所に提出する書類作成など、意外と事務仕事もあります。

02仕事内容と今後の目標

クシダでは現場代理人になるのが早い

私が携わる施工管理は、現場を管理する「現場代理人」と呼ばれる職種の仕事です。この現場代理人になるのが比較的早いところが、クシダ工業の特色の1つです。私が初めて現場代理人になったのは入社翌年の1月でしたが、大学の友人に聞いたところ随分早いと驚かれました。それもトレーナー制度という先輩社員のサポートのおかげです。

昨年は水道施設3カ所で現場代理人を経験しました。大きかったのは高崎市吉井町にある浄水場のポンプと流量計の交換工事で、工期は約半年間でした。ここは制御盤設置やケーブル敷設など電気系の工事も多く、コンクリートの土台構築など土木系工事もあり、初めての事をいろいろ学ぶことができた現場でした。工事が終わって完成した設備を見た時は、達成感と仕事のやりがいを大いに感じました。

03職場の環境・雰囲気

水道、電気、空調の幅広い知識を強みに

今の仕事は水道を支える仕事なので責任を感じます。ミスは絶対できません。それだけに、出来上がって地域の人たちから感謝の言葉をいただくと、とてもうれしくなります。まだまだわからない事ばかりですが、大きな現場を安心して任されるような現場代理人になりたいと考えています。水道だけでなく、電気、空調といった設備全体を見ていけるよう、幅広い知識を備えていきたいと思います。

クシダ工業の魅力は、やりたいと思う人には若いうちから仕事を任せてくれることです。仕事で幅広い経験ができ知識も得られるので、成長できると感じます。

MESSAGE

みなさん、自分が本当にやりたいことは何かを考えながらクシダを見にきてください。
きっとやりたいことが見つかると思います。

PRIVATE

休みの日はドライブに出かけます。赤城、榛名、草津あたりの山道を高校からの友人と走っています。車は昨年12月に納車された紺色のフォレスターで、冬はスノーボードに行きます。今年たんばらスキーパークへ行きました。群馬は遊ぶのにもいいところです。