arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

盤設計2年目へ、
成長を実感している

尾内 祐樹

八幡製作所 設計担当
2016年入社 生産工学部卒

設計
(電気計装)

PROFILE

群馬県内で人々の生活を支えているようなインフラ関連企業に就職したいと考えていた。
大学の合同企業説明会で出会った人事部長串田さんの優しい誘いが決め手となり、ここだ!と思った。

01入社動機と現在の仕事

施工か設計か、迷った結果設計へ

電気工事から水道設備工事まで手掛けていて、自社で配電盤も作っている珍しい会社、というのがクシダ工業の最初の印象でした。工事をやるのだから怖い人がいるかも、とも思いましたが実際には先輩、上司ともに話しやすく、親身に教えてくれるあたたかい会社です。

施工管理職を志望して入社しましたが、研修で経験した盤設計にも興味が沸き配属先希望を迷ったので、人事の方に「自分に合っている部署に配属をお願いします」と相談したところ設計に決まりましたが、今は設計で良かったと思っています。

現在の仕事としては、配電盤や制御盤の図面をCADで描くこと、操作用タッチパネルの画面作り、シーケンサの簡単なソフトを組んだりしています。

02仕事内容と今後の目標

図面が実際のモノになる不安と喜び

今は小さな盤の設計なら任せてもらえるようになっています。自分の描いた図面が製造部門に回って、実際にモノ(盤)になったときはうれしいものです。不安を抱きながら品質管理の検査を受けて、鋭い指摘を受けてやり直しということもあります。でも、図面ではわからなかったことが実際のモノでわかり、次はこう改善しようと考えることは自分の成長につながります。

一口に配電盤、制御盤といっても、物件によって1つ1つすべて違ったものを作ります。毎回新しい知識を知り、次に生かすということに喜びも感じられます。先輩の手伝いでは驚きの知識が得られますし、先輩からの「これやって」も段々増えてきました。仕事をしていることを実感できてきているところです。次は1つ上の中規模物件の図面を描いて、スキルアップしたいと思っています。

03職場の環境・雰囲気

上司と話しやすいと仕事でも気持ちが楽に

八幡製作所の設計エリアは集中して仕事に取り組んでいるので静かです。最初は少し緊張しました。でも、わからないことを先輩に聞いてみたら、すごく親切! 手描きの資料で一生懸命教えてもらえました。そして、休み時間に行く食堂では笑い声が絶えません。メリハリが利いています。先輩や上司との距離が近く、話しやすいのがとてもいいです。難しい仕事でも気持ちが楽になります。

MESSAGE

最初は自分のやりたいことがわからないと思います。
なので、いろいろなことに興味を持って会社を見ていきましょう。
意外なところで魅かれるものが見つかることがあります。

PRIVATE

高校の時は野球をやっていて投手でした(本当です)。会社でも今年から野球部に入部しました。食べるのが好きです(見た通り)。休みの日はラーメンを食べに行きます。最近、同期に誘われて、鶴商文庫(店の名です)のデカ盛りハンバーグ厚切りベーコン乗せを食べてきました。実にまい○―です。