arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

よくある質問

採用スケジュールを教えてください。
応募から選考までの流れは以下のようになります。
クシダへエントリー(マイナビよりエントリーしてください)

セミナー/説明会へ参加
(合同会社説明会とは別にクシダ単独の個別説明会を開きます)

筆記選考試験(基礎学力、論理力)、適性検査

面接選考試験(個人面接、役員面接の計2~3回)

内々定
入社条件、資格等はありますか?
四年制大学または大学院、2018年(平成30年)3月卒業見込みの方
2017年(平成29年)3月卒業の方
文系や女子の活躍フィールドを教えてください。
文系の方は、営業職、業務・事務職が主になります。業務・事務職とは生産管理、営業業務、購買調達など。また女子は、総合職採用者は若干名が現在技術職で活躍しています。 なお文系でも技術職をやってみたいと考えている方、OKです。

配属、異動などはどのようになっておりますか?
配属は、入社後に行う新入社員研修後に会社が決定します。総合職採用は、どんな職種にも配属される可能性がありますが、新入社員研修時に本人の適性を判断した上で決定します。 異動は、経営計画により戦略的に行います。なかには勤務地の変更を伴うケースもあります。
社風はどんな感じですか?
社員一人一人がキャリアプランに向かって目的意識を持ち、活き活きとして取り組んでいます。社内は厳しい中にもアットホーム的な雰囲気も。 なかでも早くから仕事を任せる風土が、若手社員のモチベーションを高めています。

入社後の教育は行っておりますか?
入社後の一定期間、新入社員研修を集合で行います。
従来から、若手の先輩社員が新入社員の教育担当となってきましたが、これをさらに充実させ、トレーナー制度として1人の先輩トレーナーが目標と責任を持って伴走するようになります。3年間で独り立ちできるよう、しっかり育てます。
また資格取得支援制度により、すべて会社負担で各種資格の取得を推進しています。

大学時代にしておくべきことは何ですか?
先輩社員の生の声を聞いていただければわかると思いますが、大学時代の勉強がそのまま実戦で役立つことはまずないと考えていてください。学んでほしいのは、興味を持った分野を追求し成果を出す喜びです。何かひとつでもいいのでやり遂げること。勉強をする癖を付けておいて欲しいと思います。それを知っている人材が、弊社では入社後、大きく成長しています。
また、勉強だけでなく趣味などいろいろ興味を持ったことに取り組んでほしいですね。
選考のポイントを教えてください。
選考試験では、筆記、面接を行います。まず筆記では、論理的な思考力を持っているか、入社後の教育についていくことができるだけの基礎学力があるかをチェックします。
弊社の仕事は、お客さまニーズをもとに一品ごとに製品やシステムを創り上げていくことから、面接では相手の話の意図を的確に汲み取る理解力や自分の考えを相手にきちんと伝えるコミュニケーション力を持っているかどうかをチェックしています。

社員の方の地元出身者の割合はどれくらいですか?
東毛地域や県外出身の社員もいますが、基本的にはクルマ通勤で40分以内という地元の社員が7割以上という状況です。半世紀以上にわたって地域とともに発展してきた会社なので、生まれ育った地元に貢献したいという想いがモチベーションのひとつになっています。
大学での専攻と配属に関する考え方を教えてください。
主体は電気・電子・情報系ですが、大学での勉強は基礎知識を身に付けるもので、大切なのは入社後どれだけ成長できるか。理工系出身でも、お客さまの一番近くで活躍したい方であれば営業という道もありますし、また理学部、化学系や文系でも「でんじろう先生の実験ライブ」が好きといった方なら技術部門で活躍できる可能性大です。
大手企業とは違うクシダ工業の魅力はどこですか?
大手にない弊社の魅力としては、若手にどんどん責任ある仕事を任せていく企業風土があることと、トータルに仕事を手がけられることが挙げられます。そのため、自分の手掛けている仕事が実際にお客さまにどのように使われているのかがよく分かるため、仕事に対するやりがい、達成感が高まります。こうした環境で3年、5年、10年とキャリアを積むことで、社会的に価値ある人材に大きく成長していけると思います。

(先輩社員の生の声)
『若いうちからどんどん仕事を任せてもらえることと、スキルアップに貪欲な技術者が多いこと』
『初めて任された現場が完成した時の達成感は、今でも忘れることができません』
『技術者として、お客さまとの打合せから仕様設計、システム開発、現地調整さらには納入後のオペレーション指導まで幅広く活躍できる』
『特定のお客さまと深い信頼関係を築く営業、信頼関係を築いていく面白さを実感しています』
などなど・・・
クシダ工業における「営業」の役割を教えてください。
皆さんは、営業に対してどんなイメージをお持ちですか。「飛び込み」?「ノルマ」?でも、そんなイメージと異なるのが弊社の営業です。卓越した技術力を背景に、エリアは近畿・東海から東北まで東日本一円。自己裁量のもと、「ハート営業」で官公庁や民間企業を相手に信頼関係を築いていく、やりがいのある仕事になっています。

人事へのお問い合わせは

TEL:
027-362-1231

MAIL :
saiyou1@kushida.co.jp