arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

女性社員にとってクシダ工業はどうなのか

まだ女性社員が少ないクシダ工業ですが、女性の積極採用と職場進出の後押し精力的に進めています。
いま活躍している女性社員3人に、そんなクシダ工業での仕事とその環境について話してもらいました。

MEMBER PROFILE

  • 加賀谷 理紗

    1999年入社 総務部 総務秘書担当

    事務職での働き口を探していて、たまたまクシダ工業の求人を見つけて応募。
    経理課で16年勤務して出産、育児のため1年間休業、昨年8月に復帰して総務秘書担当として勤務。

  • 石井 由香利

    2006年入社 八幡製作所 設計担当

    前職は商社だった。いろいろな部署があるメーカーで働きたいとクシダ工業に転職。
    募集職種は未経験の図面トレーサーだったが、やってみたいと思って入社。今では無くてはならない優秀なトレーサー。

  • 井上 舞衣子

    2016年入社 総務部 人事担当

    就職活動時に出会ったクシダ工業の人たちと社長の雰囲気が好きになって選んだ。
    仕事が形として残り、誰かの役に立っているという魅力があり誇れることと、譲れない条件だった完全週休2日制と多めの年間休日が決め手になった。

01まず、現在どのような仕事を担当しているか教えてください。

加賀谷総務秘書として、社長の秘書業務や社員の社会保険の事務処理などを担当しています。どちらも一昨年、育児休暇から復帰してからはじめて担当した仕事です。

石井私は、八幡製作所の設計部門にいるのですが、設計技術者から頼まれて原設計を元に配電盤の図面をトレース(製図)していて、その図面で製造が確定すると、必要になる部品を書き出す部品表も作成しています。

井上私は採用の仕事をしています。中途採用と新卒採用の両方です。会社説明会などのイベントの準備、リクルートサイトや入社案内の制作、学校訪問、応募者や内定者の対応や面談など仕事はいろいろです。書類の作成も多いです。

02その仕事での面白さとかやりがいはどこにありますか?

加賀谷外部の役職の高い方ともお話ししたり電話をすることも多いので、言葉遣いや接し方は勉強しながら身につけることができます。社会保険の関係では、働く人たちの社会的環境の変化や法的基準の変更に気を付けるようになって、視野が広がりました。

石井以前は商社に勤めていたので、製図のことはまったく知らずに入って、やりながら覚えました。パソコン上の図面に、分岐する配線とその途中に入る機器のマーク、記号、数値類を入れていくのですが、1つの物件でとても多くの図面をトレースしますから、作成し終わった時は達成感があります。

井上出会った学生から、人事の印象が良かったから説明会に行ってみたいと言ってもらえるとうれしいですね。昨年、合同説明会で出会って、この人が来てくれるといいなと思った学生が自社説明会にも来てくれて、さらに応募してくれました。面接で会社に来た時は私が対応したのですが、最終的に入社が決まった時はとてもうれしかったです。

03クシダ工業という会社のイメージは入社前と後とで変わりましたか?

石井入る前はちょっと冷たいイメージがあったけれど、実際はそんなことはなかったですね。

加賀谷私も、入社前は堅いイメージがあったけど、入社後のイメージはアットホームですね。

井上入社前は、女性社員はほとんどいなくて文系出身も少ない会社と思っていました。でも、思ったよりは女性が多かったですね。文系はやはり少なかったですけれど(笑)。

04女性社員にとってのクシダ工業は働く場としてどうですか?

加賀谷私は産休と育休をとって復職したのですが、当時、休暇は申請してすぐに許可されました。ぜひ復帰してほしいと言われて、安心して仕事を休むことができました。

井上加賀谷さんは女性社員にとっていい前例になったと思います。会社も、女性に長く働いてもらうことを望んでいます。

加賀谷女性が少ないとかえって気を遣ってくれるんです(笑)。

石井八幡製作所の設計は女性が3人で、男性社員も環境を大切にしてくれるので、仕事のやりやすさはある方だと思いますが、女性はもっと入社して欲しいですね。

井上入社前に男女比は9対1だよと言われていて、でも入ってみれば居心地が悪いということもなくて、女性の立場が弱いということもないですね。

05女性の積極採用についてどう思いますか?

井上管理部門は比較的女性が多いですね。男性でも工事部門から来た人がいます。逆に技術の現場でも女性が活躍してほしいというのが今の社長の考え方で、女性でも希望があれば施工管理などで活躍してい頂きたいです。実際に昨年、工務志望の女子学生の応募がありましたが残念ながら入社には至りませんでした。でも、この4月には技術に興味のある多くの女性社員が誕生します!

石井それはいいですね。八幡の製造部門にも女性のパート社員さんがいますが、現場にももっと女性が進出していいと思います。

井上3年生向けの就職イベントに出展すると、女性にも施工管理の希望者がいることがわかります。クシダ工業でも、設計ももちろんですが、工務部門・営業部門も含めて女性採用を積極化させるつもりです。

加賀谷女性のための環境整備も必要ですね。

井上社長は女性社員のケアを進めるつもりです。将来は保育所か託児所のような社内施設も設置したいという夢も持っています。

06みなさん自身は今後やっていきたいことがありますか?

加賀谷私は、もっと社外との接触を増やしたいと思います。そして、もしこの先会社がグローバル化したら、外国語が堪能な人間になって仕事をしてみたいです(笑)。

石井私は健康に気を付けて元気にクシダで働き続けたいとおもいます。

井上いろいろあります。早く一人で会社の説明や学生対応をできるようにしたいですし、より多くの大学といい関係づくりをしたいですし、しっかり話を聞ける面接ができるようになりたいです。学生に頼ってもらえて、相談にも乗ってあげられる人事になりたいです。

07最後に学生へ応援メッセージをお願いします。

加賀谷少しでも自分を高めることのできる場所、輝くことのできる場所に出会えることを願っています。自分の思っていた仕事と少し違っていたとしても、つまらないと思わず、目の前お仕事を1つずつ自分のものにしていって欲しいと思います。頑張ってください。

石井自分の性格や環境に合った会社と仕事に巡り合えるといいいですね。
みなさんが笑顔で仕事ができる事を応援しています。

井上就職活動は大変なことも多いですが、自分を見つめ直す良い機会になります。自分は会社のどこに魅力を感じるか、どんな仕事に挑戦したいか、社会人になってどんな生活を送りたいのか、よく思い浮かべてください。そして、説明会や面接では、何よりもその素直な自分の気持ちを相手に伝えることを大切にして頑張ってください。