arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

教育制度

一人ひとりの成長をしっかり支えていく無理のない教育体制

クシダ工業では今、社員研修の仕組みをより良いものにし、自信を持ってスキルアップできるよう、
会社全体でサポートするシステムづくりを進めています。

  1. 入社前に知っていたいことを学ぶ

    内定者教育

    入社前に社会人になることへの不安を減らす研修です。これだけは知っておこうというクシダのことや、社会人への準備知識をゆっくりと学んでください。

  2. 入社後のスタートを助ける

    新入社員受入研修(3ヶ月)

    まずは、社会人としてこれを身につけておくと上手くいくというマナーと知識の勉強、そしてクシダ工業で働くうえで必要な会社の考え方、事業と仕事、ルールの勉強。その後、各部門を約二ヶ月、しっかり時間をかけて実務を通してクシダの仕事を理解していきます。
    配属までに、ほとんどの部門を経験することで配属後の迷いも減らせます。

  3. マンツーマンで先輩が支える

    トレーナー制度

    3年間で独り立ちしたプロになるという方針のもとに、同じ部署の先輩社員1人がトレーナー役として新入社員に付き、目標と育成計画を立てて責任を持って伴走するという制度です。新入社員だけでなく先輩社員もともに成長することを期待しています。
    近年注目されているメンター制度をいち早く取り入れたとも言えます。
    ※トレーナー制度は新規学卒者のみが対象となります。

  4. どんな仕事でも基本にあるのはこれ

    ビジネスコミュニケーション研修

    ビジネスはコミュニケーションです。異なる価値観と経験を持つ人たちが集まって、1つの仕事のためにチームワークを進める。そのベースにあるコミュニケーションのスキルを修得する研修を2年間で継続的に行います。スキルアップの段階に合わせて実施することでしっかり身につきます。

  5. レベルアップに向けた

    中堅社員研修・各種研修

    ある程度経験を積んできた社員が、次のステップへとレベルアップをはかるために、マネジメント、コミュニケーション、専門技術などの研修を受けることができます。中堅社員研修、新任管理職研修、職種研修など、スキルアップや職種に合わせて研修を設定しています。

  6. 仕事の幅を広げ技術を磨く

    資格取得支援

    クシダ工業は資格取得者が多い会社で、電気工事士、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士をはじめとして、1人でいくつもの資格を持っている社員も珍しくありません。プロジェクトの受注や推進で必須の資格もありますし、自分の技術を高めるために取る資格もあります。クシダ工業ではこうした資格の取得を奨励していて、講習費や受験費用は会社が負担し、社員同士の勉強会も開いています。