arrow01graph01calc01bag01tool01man01ruler01download01building01

同期対談

入社から5年、
あっという間に工務と設計のエース

若手にこんな仕事を任せる会社、
ほかにない(笑)

  • 保坂 裕太

    エンジニアリング本部 施工管理担当
    2012年入社 工学部卒

  • 櫻井 貴之

    八幡製作所 設計担当
    2012年入社 電子工学専攻修士

2012年入社の同期2人。入社5年を経て、仕事は違ってもそれぞれの部署ですでにエース級に。
職場が違うのでふだんは顔を合わすことが少ない2人ですが、
同じ現場の仕事が多かったお互いの5年間を話し合ってくれました。

012人はそもそもどうしてクシダに入ったのですか?

 

櫻井アルバイトで工場やクリーンルームの配管工事をやっていて、それで設備工事に興味を持ってクシダの面接受けたら、設計はどうかと聞かれて、ああそれも面白いかなと・・・大学で電気も少しはやってきたので。

保坂へぇー配管工事?初耳だよ。私はあまりこれといった理由はなくて、合同会社説明会へ行ってたまたまクシダの話を聞いて、やりがいがありそうだと思ったのがきっかけ。電気、水道といったインフラ整備には興味もありました。

02入社して初めの頃はどんなでした?

 

保坂私は、デスクワークは向いてないから、身体を動かす方がいいと思って工務(施工管理)を選んだんです。でも現場は年上の職人さんばかりだから、最初は指示を出すということがなかなかうまくいかなかったですね。

櫻井私は、入って1年半くらいでもう、ふつうの事のように大規模な盤の設計が回ってきていました。1カ所に100面が入るような盤設計も、任されて1人でやっていましたね。

保坂すごいね。それは櫻井がデキルからだよ。私が2年目から1年半やっていたある中学校の新校舎電気設備工事も、配電盤は櫻井が設計したやつでした。

櫻井そうそう。

保坂まだよくわかっていない時期だったけれど、大きな現場に放り込まれて、職人さんに助けてもらいながら工事を進めました。苦労もあったけれど勉強になった現場です。予定の日に櫻井が設計した盤が届いていないことがあって、職人さんに怒られたりしました(笑)

櫻井ひどいなぁ(笑)。それは、行き違いがあって盤が設計変更されていたんですよ。建物の施工段階に入ってから盤の設計変更が入るのはふつうにあることで、提出していた図面が変更指示と一緒に返却されてくるのです。大型物件だとそれが段ボールいっぱいで戻ってきて、新人にとっては大変でした。

保坂設計変更はどこでもあるね。当初の設計のまま行く方が珍しいですね。

03若い社員でもデキル人にはどんどん仕事を任せるというクシダの社風が出ている話ですね。その後の仕事で思い出すような仕事はありますか?

 

櫻井前橋の合同庁舎や、今建設中の高崎駅前のショッピングセンターの盤もやりました。あの流通大手さんの県内施設はほとんど当社でやっています。

保坂私はやり方から考えてうまくできた工事があります。栃木の浄水場で盤の取り換え工事をやった時に、お客様から水道の水を止めずに新しい盤に移行してくれと言われて随分考えました。通常の移行は、短時間だけでも水を止めてその間に行うのです。

櫻井どうやったの?

保坂社内で先輩にも相談して、分岐配管でいくことにしました。既存の管に分岐管を設置して、両方に水を通しながら新しい盤を動かして、その後既存の管の水を止めるやり方で、これを何回も繰り返して11日かけて移行を完了しました。1回ごとの移行の手順をきっちり決めて書類にして、先方の承認をもらって臨みました。

櫻井さすが!でも、それは大変だったね。私もこの数年、ずっと大型物件が続いていて、先日も都心のある省庁の臨時庁舎で追加の盤を全部弊社で製造したのですが、端子盤など100面の設計を私がやりました。その前は、富士見、立川の大型ショッピングセンターの盤設計をやっています。商業施設の場合、入るテナントの意向で電気設備が変わるので、設計変更も多く図面返却も多いので苦労もありました。盤がだめだとビルの電気全部がだめになるので、無事オープンすると安心しますし嬉しいですね。

042人とも大きい仕事をいろいろ経験していますね。その仕事でのやりがいはどうですか?

 

保坂工事では、何もないところをゼロから100までやって形になるのが面白いところで、やりがいにもなっています。悩むことや考えることも多いので、その分工事が完了した時には達成感があります。

櫻井私も、自分が設計した盤が製作されて、現地にきちんと収まって使用されることがやりがいです。大規模物件では設計面数が数百という場合もあって、苦労も増しますが出来上がった時の達成感も大きいです。

052人は後輩を教育するという立場にもなると思いますが、新人にはどんなことから教えていますか?

 

保坂1年目の教育計画書を作っていますが、すぐに現場は無理なので初めはまず書類業務から教えていきます。施工管理の仕事は意外と書類作りが多いのです。現場に出たらまず安全教育とあいさつですね。職人さんとの関係づくりは、元気なあいさつからです。

櫻井私は標準的なものづくりから始めます。ルールに沿って書いていける図面をまずやってみて、基本を覚えることです。お客様との対応は私がやります。ただし、電話の応対やあいさつはきちんとできるようになってもらう。お客様への質疑応答の文書やメールの文書の書き方も指導します。

06では、2人のこれからやっていきたいことを教えてください。

 

保坂現場をやって、建物工事、計装工事といろいろやってきていますが、ジャンルの違うものもオールマイティにこなせる現場代理人になりたいと思っています。

櫻井私はまだ高圧盤をやっていないので、今後やりたいです。ただ、低圧とは必要な知識が全然違って、広くてレベルも高い。間違えると外部の送電系にまで影響が及ぶので責任も重い。でも、そこまでできて一人前だと思います。まだ低圧の設計が忙しいのですが、いつかは高圧もと思っています。

07就活中の後輩にメッセージ

 

櫻井学生時代に学んだことがそのまま仕事に生かせるとは限りませんが、培った知識はどこかで役立つはずです。学業も就職活動も遊ぶことも、自分なりに楽しんでいくことが大切だと思います。
もうすぐ2人目の子供が生まれます。上の子は2歳になるので、休日はもちろん子供と戯れるのが楽しくてしょうがないです。

保坂企業ブランドだけにとらわれず、自分は何をしたいのか、自分は何に向いているのか、何が向いていないのか、よく自己分析をして就活に臨んでほしいです。
昨年結婚しました(照)。休みをたくさん取って新婚生活を楽しみたいです(笑)